ビジネススキル向上のための情報サイト

Change your life

人より劣ってると思った時に出来る5つの行動

更新日:

人より劣ってる

人より劣っていると感じることがあると、どんどん周囲から孤立していくような気持ちになります。ここから自分には何が出来るのか、考えても答えが出せない場合も。しかし、人より劣ってると思うからこそ、出来ることがたくさんあるのです。

今回は、自分が見えなくなった時、人より劣ってると感じる心のフィルターを外すコツをお話します。心をリラックスして一緒に考えていきましょう。

<スポンサードリンク>



人より劣ってる部分を書き出そう書き出す

周りと自分を比べると、競い合っている訳ではないのに敗北感のような、なんとも言えない気持ちになることがあります。出来ない部分だけが自分の中でクローズアップされて、卑屈な感情ばかりが溢れ出してしまう場面も。

ここから突破したい時は、思いきって人より劣ってる部分を書き出して、心の整理をしていきましょう。書き出していくと、次から次へと劣っていると感じたところが溢れてくるかもしれません。

しかし書き出し終わった後に見返すと、短所のように見えていた部分が自分の長所だったと気付くことに。自分が潜在的に「出来ている」と思っているからこそ、超えられた場面に遭遇すると人より劣ってるように感じてしまうのです。

この感情が沸き起こっている間は、まだまだ伸びる証拠ですので劣っているのではなく、さらに伸ばせるようにプラスに受け止めることが大切になるでしょう。

たまには自分を褒めてみる

人より劣ってると思っていても、人より優れている部分もたくさん持っています。ダメだと感じている分と、同じ数だけの良いところを持っているのが人間の素晴らしさ。どんな小さなことでも褒める習慣を身につけると、人と比べなくなるでしょう。

見落としがちなのが、自分を褒めることです。いつも上を目指して突き進んでいるため、少しのことでは満足してはいけないと思い込んでいるケースも。

人より劣ってるからと思い込みながら自分を見ると、マイナス部分が濃く見えてしまいます。良いところに目を向けずに、悪いところばかりに注目するのは、自信が持てなくなっているから。褒める習慣で、失いかけた自信を取り戻す心のリハビリを始めていきましょう。

<スポンサードリンク>



一生懸命になれることを探そう

人より劣ってるからと、どこか引け目を感じる時は、熱中できるものに取り組むことが立ち向かう一歩です。周囲と比較する時間を、自分の愛情が注げるものに費やしましょう。比べることが出来ないくらいに充実した日々を過ごすと、周りのことよりもこの瞬間をもっと楽しみたいと感じるように。

新しい目標を持つことは、自分を変えるきっかけを作り出します。窮屈な感情から抜け出すためには、閉じ込めていたパワーを発揮しませんか。大胆な行動に出なくても、部屋の掃除や難しい本を最後まで読み切ることでもいいのです。一生懸命に取り組む気持ちを、思いっきりぶつけてみる機会を設けると、心も前向きになって毎日が楽しくなるでしょう。

周りの良さを吸収しよう

人の良さ

どうしても人より劣ってると感じてしまう時は、相手の素晴らしいと思った部分を吸収してしまいましょう。無理だと思わずに、真似から始めてもいいのです。しかし、真似をしても目指しているものとは違うことにも気付くはず。お手本にすると気付かされることが多く、学ぶものがたくさん見つかります。自分が目指していた部分ではないところに嫉妬している場合もあって、改めて人より劣ってるのかを問うきっかけになるでしょう。

憧れたりかっこいいと思ったりする相手の良い部分を、いくつも吸収して自分のものにしていきたいですね。そのためには、もっと周囲と向き合いながら関わることが求められるでしょう。心を閉ざしたままでは、相手の素敵な部分も曇って見えてしまいます。

出来ることから改革を

何かが足りないと思うのは、向上心が高い証ですので、人より劣ってるとは思わなくていいのです。高望みしすぎても、段階を踏まなければ確実なステップUPには繋がりませんよね。急がなくても確実な一歩を進めていく姿勢が、出来る改革のひとつになるでしょう。

個人差があるので、競争する感覚にとらわれずにマイペースで自分改革を進めていくと、思いがけない成長に繋がっていきます。驚きを隠せない喜びを味わう時が訪れるでしょう。

まとめ

人より劣ってると思ってしまうと、自信もなくなり楽しくない日々が続いてしまいます。しかし、言葉に出さなくても、周りも同じようにコンプレックスを抱えているもの。人と比べてしまうのは、もっと良くなりたいとの心の叫びや願いと捉えることが出来るでしょう。人より優れている部分があっても、いつも維持させることは大変です。

人は他の誰よりも、優れているところがありますが、気付くことが難しいもの。周りを羨むよりも、自分の中の素晴らしい部分を成長させることに意識を向けていきたいですね。思い詰め過ぎた時は、肩の力を抜いてリフレッシュしながら、新しい空気を取り入れていきましょう。

<スポンサードリンク>



Copyright© Change your life , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.